子どもがいなかったら、地球はただの冷たい土くれです。*

 

  私は、このきわめて確かで、(ゆた)かな感性を持つ子どもたちと、

        「疑問を考える学習がしたい」と考えています。

 

                         *灰谷健次郎:『すべての怒りは水のごとくに』より