「転ばぬ先の杖」より、「転んだ後の杖」

 

何年か前の卒業生の言葉です。

子どもは、杖を何本も持たされて、重くて歩けない。

私たち親の誰もが、ついついしてしましそうなことです

 

転んだ後の杖なら、自分で拾い、自分で持つ。転んでもただ起きない。

彼自身の体験を何度もくぐったからこそ得た、思考の自由なのでしょう。

 

どうぞ、どのようなことからでも、お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております。                   

                  私塾はやし ℡045-402-7066