体験授業の一回目の面談で 小5H

 

体験授業の一回目の面談の時、はやし先生に、『こんなことがあったけれど、おかしいなあとか、どうしてかなあとか、そんなこと思ったことありますか』と訊かれた。

 

私は「学校で何かを決めるとき、話し合いで決めることはまずなくて、すぐに多数決で決めてしまうことが多いのだけれど、私はいつも少数の方で、そんな時、一つにまとめられてしまうような嫌な気分になる。ちゃんと話し合いをして、少数の人の意見を聞いて欲しいと思っている」ということを話したら、先生はびっくりしてくれた。先生は奥の方から、『仮説実験授業』板倉聖宣という本を持ってきてくれて、「民主主義の一番難しいのは『少数意見の尊重』にある」というところを読んでみるようにいった。読んでみて、そうか、私の感じたことはそういうことだったのかと思った。私の感じたことで、よかったんだ。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      

                    「たいけんで はじめての ひ」  年少 だい

 

ぼくが しずかなときは じょうずにやっているとき。

ぼくが しずかに できるときは じょうずに やっているとき

しーんてして いすにすわってて べんきょうして そのとき いったよ。

こんども だいちゃんが ちゃんとするとこを みせるね。

べんきょう じょうずに ならないと。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     たいけんのひに 年中Kのおはなし

 

ぼくは これまで テレビを いっぱいみてたきがする。

たいけんのひに ママと はやしせんせいが えほんの よみきかせを してみましょうかって そうだんした。

それで このごろ じぶんで よめるようになった。

ぼくが じぶんで よめないところを ままが よんでくれる。

だけど やっぱり てれびが いい。

あさ みるのが すき。

Eテレを みる。

がまんは すこし してるけど 8じまで ぜんぶ みたい。

 

          『まいにちがプレゼント』をよんで

はりねずみは 「きょう」を プレゼントされた。

ぼくも 「まいにち」を プレゼントしてもらっている。

「いつも」にプレゼントされている。

「いつも」って、きのうと きょうと あした。

はりねずみは たまに うずくまって かんがえる。

きのうか きょうか わかんなくなって かんがえる。

きのうと きょうが わかんなくなって さみしくなる。

はっぱに かこまれて かんがえること わすれちゃう。

いちばんさいごの ねてるとこが すき。

はっぱに かこまれて ねてるところが かわいい。

まるくなって ボールみたいで かわいかった

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

          2月の体験の時 小4ゆ

 

2月の体験で、あまりのある少数のわり算が、わからなくなっていた。

それで、はやし先生と相談して『学びの大地』の4年生と5年生の少数のわり算から、まずやることにした。

 

「あまりの小数点は、わられる数の小数点をそのままおろした位置」ということが解った。

わたしは、解りそうになくて心配な時でも、落ち着いて、できるとこまではちゃんと自分でやるようにしている。その後でフセンをはって、次の時に先生に訊く。それを先生は、おどろいてくれた。『一つひとつちゃんとやってるね』と言ってくれて、安心した。

 

                                            「学林舎テキスト/学びの大地」