中学の総合学習「職業体験」のアンケートにこたえて

                                    平成29年8月10日 中学2年O

 

 

名                前:林 典子

 

職                業:私塾講師

 

仕事の時間帯:16時から21時

 

仕事の内容    :子どもたちを見ていると、「みんな、本当にえらいわね」と思います。

       やってもやっても、できないこともあるでしょう。

       悲しいことも、悔しいこともあるでしょう。

                            それでも、子どもたちは次に開ける景色を見ようとする。

                            その一心な姿をしっかり見届けることが、私の仕事ですし、そうありたいと思っています。

 

Q 今の職業に就いて何年目ですか?

A 36年目です。

 

Q この職業を選んだ理由はなんですか?

A 教育というものに疑問をもったことからでしょうか。

 

Q この職業に就くために必要な資格、免許はなんですか?

A 教員免許です。

 

Q どんな人に向いていると思いますか?

A どんな時にも、自分を許し自分を心丈夫にできる人。

  深くものを感じ、どのような生にも哀しみがあることを知っている人。

  そういう人は、弱さが強さを含んでいること、強さが弱さを含んでいることを知っています。

  子どもたちは、そういう確かな人のそばで、伸びようとする心を養ってゆくものかと思います。

 

Q この職業に就いてよかったことは何ですか?

A 眠れない長い夜を過ごしたこともありました。だからというのかしら、でもなのかしら、ずっとこの仕事が好きでいられたことです。

 

Q 社会人としての心構えや、学生とは違う点は何ですか?

A 私は社会に出てゆくということが、どういうことなのかよく分からなかったのね。ですから、未だに「社会人としての心構え」などと聞くと、私にできるかしらと逃げ出したくなりもします。それでも、敢えて心構えらしいことをあげてみるなら、「自分を知る」ことかしらね。自分を正しく知るということは、結構難しくってね。ですから「あっ、ほら、またそれやってるよ」とか「別の視点を持ってみない?」などと、自分に声を掛けながらやってきたということくらい。

 

学生と違う点は、「苦労」と「不幸」は違うということを、身をもって知ってきたことでしょうか。時間をかけなければ、辿り着けない場所があることも識りました。